アニメ映画「名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)」が、公開初週末(13~14日)で観客動員114万4539人、興行収入14億6382万7700円を記録した。テレビアニメの映画化作品として初の興収100億円突破も現実味を帯びてきた。
 昨年の「ゼロの執行人」が過去最高の91億8000万円を記録。今回は12日の初日も合わせれば145万8263人、18億8629万2700円というシリーズ最高のスタート。前年との対比で112・9%という驚異的な出足だ。稼ぎ時となるゴールデンウイークが10連休になることから

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事