新海誠監督の新作アニメ「天気の子」がアメリカで初上映され、注目を浴びている。

新海監督のアニメ映画「天気の子」は、2020年のアカデミー賞の「国際長編映画部門」と「長編アニメ部門」に出品されていて、「君の名は。」に続くヒットとして、海外でも注目されている。

18日にハリウッドで開かれたアニメ映画祭では、オープニング作品として、アメリカで初めて上映された。

観客は「すごいね。新海監督のアニメが大好き。本当に息をのむ素晴らしさだ」と話した。

新海監督は「実際に(アカデミー賞に)ノミネートされるのかわからないので、どちらであっても楽しみ」と話した。

アカデミー賞のノミネート作品は、2020年1月に発表される。

↓記事はこちら
https://www.fnn.jp/posts/00425902CX/201910200619_CX_CX

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事