💖 Please Subscribe: https://www.youtube.com/channel/UCqsRdR-zjshSlYfVa1i-JfQ?sub_confirmation=1
✍   2月1日は、人気アニメ「プリキュア」(ABCテレビ・テレビ朝日系)シリーズの記念日「プリキュアの日」。2004年2月1日に第1弾「ふたりはプリキュア」がスタートしたのを記念して、2018年に日本記念日協会の公認で制定された記念日で、過去2年はSNSでファンがシリーズへの思いを投稿し、プリキュアの日がSNSでトレンド入りするなど大いに盛り上がった。プリキュアは女児向けアニメではあるが、SNSで思いを語っているのは大人のファンだ。シリーズの生みの親とも呼ばれる東映アニメーションの鷲尾天プロデューサーに、プリキュアの日制定の狙い、プリキュアが大人にも愛され続けている理由を聞いた。  ◇16年前の2月1日は忘れられない日  「プリキュア」シリーズは、普通の女の子が伝説の戦士・プリキュアに変身し、さまざまな困難に立ち向かう姿を描くアクションファンタジー。第1弾「ふたりはプリキュア」がスタートした日は、鷲尾プロデューサーにとって忘れられないという。約16年前のハードな日々を笑顔で振り返る。  「企画を立ち上げたものの、全然時間がなかったんです。一日でもスタートが遅い方がありがたかったのですが、2月1日のスタートか……と(笑い)。この日は忘れられません。しかも、2004年はうるう年で日曜が5週あり、一カ月に5話分を納品しなければいけなかった。大変でしたね……」  2月1日は「個人的に記念日だった」というが、当時はまさか本当に記念日に制定されるとは思いもしなかった。「プリキュア」は、原作のないオリジナルアニメ。原作が人気作であれば、ある程度は人気が出ることも予想できるかもしれないが、オリジナルはそうもいかない。鷲尾プロデューサーをはじめとしたスタッフは放送開始当時、ここまで続くとは思ってもいなかったのだ。  ◇プリキュアのことを思い出すきっかけに  プリキュアの日は、シリーズ放映開始15周年を記念した企画の一環として2018年に制定された。同年は、15周年記念のさまざまな企画が展開された。プリキュアのメインターゲットは女児だが、第1弾の放送から15年がたち、当時のファンも大人になった。15周年記念は、大人向けの企画も展開され、プリキュアの日もその一環だった。  女児向けアニメのメインターゲットは成長すると、番組を“卒業”する人も多いともいわれているが、プリキュアには作品を愛し続 …
💖 #プリキュアまとめ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事