💖 Please Subscribe: https://www.youtube.com/channel/UCqsRdR-zjshSlYfVa1i-JfQ?sub_confirmation=1
✍   アニメやゲームが人気の「デジモン」シリーズの新たな劇場版アニメ「デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆」が、2月21日に公開された。小学生だった八神太一や石田ヤマトが大学生となり、“選ばれし子どもたち”がそれぞれの道を進み始める姿が描かれる。劇場版を手掛ける田口智久監督は、「デジモン」シリーズを見てきたデジモン世代で、「大人になっていく太一たちのモラトリアムの悩みを自分とも重ねてほしい」と語る。最新作で描く「大人」とは……。  ◇大人になったファンに向けた新作 太一やヤマトのモラトリアムからの脱却描く  「デジモン」は、1997年6月に携帯ゲームが発売され、テレビアニメ第1弾が1999~2000年に放送。2015~18年に新シリーズ「デジモンアドベンチャー tri.」が展開されるなど、息の長いコンテンツとして親しまれている。新作は「デジモン」シリーズの初代プロデューサーの東映アニメーションの関弘美さんがスーパーバイザーとして参加し、「デジモンアドベンチャー」のオリジナルスタッフの中鶴勝祥さんがキャラクターデザインを担当。これまでもデジモンをデザインしてきたデザイナーの渡辺けんじさんが続投するなど、シリーズを支えてきたスタッフが集結している。  田口監督は、新作について「テレビアニメ第1弾のオリジナルの演出や音楽などを使って、『デジモンって、こういうものだったんだ』ということをちゃんと伝えるものにしたかった」と語る。新作は、オープニングテーマに和田光司さんの「Butter-Fly」を採用し、デジモンの進化シーンもテレビシリーズに準じて描く。  オリジナル作の演出を使いつつ、新作で描きたかったのは、大学生になった太一やヤマトたちの「モラトリアムからの脱却」だった。  「昔、選ばれし子どもたちとして活躍した後、大学生になって、実際に社会に出るという時、彼らはどういう目的や目標を持ってやっていくのだろうと考えました。彼らは、『02』(テレビアニメシリーズ第2弾『デジモンアドベンチャー02』)のラストで将来が決まってしまってはいるんですけど、どう悩み、どんなことがあったのかを描くことで、当時見ていた人たちも、『自分にもこういう悩みがあった』『今、同じように悩んでいる』と、太一やヤマトと重なってほしかった」  ◇「デジモン」が描く「大人になること」  田口 …
💖 #デジモンまとめ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事